So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

腐女子は荒野をめざす [ユーリ!!! on ICE]

「ユーリ!!! on ICE」円盤最終巻のジャケ画像が公開された月曜日夕方、twitterではユーリクラスタによる狂乱のジャケ祭りが夜明けまで続いていました。
世間の方はご存じないかもしれませんが、この世界の片隅では日夜こんな祭りが開催されているんやで…

問題のジャケはこちら。どん。




どうですかこれ。
もうなんか、嬉しくて泣けてきた。


ジャケットお描きになった作画監督の平松氏、原案の久保先生のツイートも泣ける。






僕の我慢がいつか実を結び、果てない波がちゃんと止まりますように。
君と好きな人が 百年続きますように…


ううっ。
「ハナミズキ」練習しちゃうぜ(とっくにiTunesに入ってた)。


画像公開から深夜まで、福山M治の結婚どころじゃなく盛り上がってた我がTL…テレビの恋愛ドラマとかには「ケッ」とか言ってるくせに、このふたりが手を繋ぐだけでこうもキュンキュンするのはなんでだろ。
R18同人誌を書いたり買ったりしながら、それと同時に、指が触れてるとか(アニメキャラの!)離れずにそばにいたとか、そんなことに一喜一憂する腐女子のベクトルは一体どっち方向に向いているのか。


結局、腐女子は「永遠の愛」「百年続く愛」を信じたいんだよね。でもそんなものないってわかってるから、テレビで繰り広げられるステレオタイプの恋愛ドラマには辟易しちゃう。
でも信じたい、好きな人と続く百年を。

「腐女子なんて、モテないキモオタ女が現実逃避してるだけだろww」とかいう人もいますが、むしろ現実をうんざりするほどよく見てるリアリストなんだ。
夢くらい見させてよ。



などということをつらつら思いつつtwitterを徘徊していたら見つけたツイートがこちら↓





「腐女子は同年代のほかの趣味の人たちよりもフェミ寄りのジェンダー観を持っている」…!

なんとなく自覚はありましたが、数字に表れてるとか言われるとドキッとしますね。
フェミ寄りでありながら男同士の恋愛にときめくこの心理になんと名前をつければいいのか。
BLという言葉がなかった時代は「やおい」「JUNE系」と言われていたこのジャンルを初めて評論したのは中島梓の「コミュニケーション不全症候群」だと思うんですが、違うかな…


そして「オタク男は保守」!
これもあるある。心当たりありすぎるよ…

腐女子とオタ男って、オタク趣味という共通項があるのに意外なほどマッチングしない。
腐女子のパートナーってわりと一般人が多いような気がする。少なくとも私の周りではそうだわ。





いやー、面白いね!



ところで「腐女子」という言葉が一般化したのっていつでしょう?
言葉じたいは20世紀末にはあったと思うんですが。







コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「愚行録」 [映画・ドラマ・アニメ]

IMG_7603.jpg



満島ひかり、うますぎる…
もはや彼女は主役しかできないのでは?

「葛城事件」とか「理由」(宮部みゆきね)とかもそうだけど、当たり前だけど真実は一つじゃないんだよなあ。
カテゴリとしては「ミステリ」なんでしょうが、オチません。


救いのない映画だけど、主役ふたり妻夫木&満島が美しい。






コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Febri Vol.41とか [ユーリ!!! on ICE]

IMG_7715.jpg



今月発売の雑誌各書に、ようやっっっと山本沙代監督のインタビューがぽちぽちと掲載されるようになりました。
これが読みたかったんだよ…!

とはいえ内容的には「そこもっとkwsk!」て感じなので、公式ガイドブックと公式ファンブックで突っ込んだお話を聞き出してくれないかなあと期待しています。

Febriは長いインタビュー乗せてくれてますが、倍のページでもいいのよ?

IMG_7716.jpg



それにしても「就職氷河期で就職先がなかった」という理由で、タウンページに連絡先が載っていたマッドハウスに入社、ってすごいアナーキー!

なぜ映画ではなくアニメだったのか?
もっと深い話が聞きたいなあ。



ところで「ユーリ!!! on ICE」は、脚本が山本監督と久保先生の共作なのですが、山本監督曰く「脚本の勉強をやり直して自分で書くことにした」とかサラッと仰ってますが、それすごいな。

比べるもんでもないですが、細田守監督の「バケモノの子」がめっちゃつまらなかったんですよ。それまでの3作と全然違うのはどうしてなんだろ?とスタッフを見直したら、細田監督が初脚本やっててですね…「あ、これか…」と腑に落ちた覚えがあるんです。
あれ、プロのシナリオライターにやってもらえば、あそこまでつまらなくならなかったんじゃないかと思う…
ブログ読み返したらちゃんと感想書いてた。こちら



ものっそ素朴な疑問なんですが、フリーのアニメ監督とかって、いったいいつの段階から、そしてどこからギャラが出るんでしょうか。制作費の責任はどこにあるのでしょうか。
漫画家だって、いくらネーム描いたって没になれば原稿料出ないじゃないですか?でもアニメなんて個人作業じゃないし、お金がどこにどう動いているのかさっぱりわかりません。

知りたい…









コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「茄子 アンダルシアの夏」 [映画・ドラマ・アニメ]

IMG_7594.jpg



「プロって言うのは仕事以上のことをやっちまうやつだって」

「そうでなくちゃ、生まれた土地から出て行けないだろ。俺は遠くへ行きたいんだ」


IMG_7593 (1).jpg



スペインのアンダルシア地方を駆け抜ける自転車ロードレース「ブエルタ・ア・エスパーニャ」を描いた短編アニメーション。
もともとは劇場公開だったっけ…?
よく覚えてないんですが、「なぜ茄子?」とタイトルのインパクトだけは覚えていました。

もう14年も前のアニメですが、amazonプライムのラインナップにあることに気づき、ようやく視聴。


スペイン、アンダルシア。
高い失業率、痩せた土地、畑しかない乾いた故郷。

いつかここから出ていきたい。田舎暮らしの人ならわかりますよね、この微妙な閉塞感。

自分は生まれも育ちも同じ町で、多分ここで死ぬんだなあと最近ふと思っていたので、主人公ぺぺがそのアンダルシアを走りながらつぶやく言葉にぐっとくる…

そう、強くないと抜け出せないんだ。



レースシーンの作画や臨場感も素晴らしく、まさに大人のための良質なアニメーションです。



最後の最後で清志郎が歌い出して泣けた…









コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

三義漆器 ほっこり大椀 [お買いもの]

IMG_7446.jpg


iittalaのSarjatonを具沢山スープに使っているのですが、底に高台がない陶器なので熱々の汁物には不向き。
同じような大きさのお椀を探して購入したのがこれ。

社名は「漆器」ですが(会津若松の会社だそう)、このお椀の素材は飽和ポリエステルにウレタン塗装。
電子レンジ・食洗機OKのイージーなお椀でお値段もお安い…Sarjatonがみっつ買えるぞ。


IMG_7448.jpg
Sarjatonと



でもコロンと丸いルックスが可愛いのです。
大きいお椀は陶器だと重いし熱くなるので、以前のどんぶり系は全部処分してしまいました。



漆器も好きなんですが、長年使っていたら塗装に一部「欠け」が出来てしまって。
お店で修理できるか聞いたら、「新品を買うくらいの修理費になる」という返事だったので修理は諦めました。

いい漆器を修理して長く使う、というのもなかなか難しい。



数年前に大量に食器を捨てましたが、このあとまた処分してもっと少なくなりました。


でもまだ減らせそう。





コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

K22セカンドピアス [お買いもの]

サブピサスあけてやっと一ヶ月…
とくにトラブルも痛みもなく、順調に育っていると思いたい。


姉妹と姪っ子たちに「ピアスあけてるー?」と確認したら、
・怖いからあけてない
・あけたけど化膿して諦めた
・あけたけど塞がった
・三つあけてる
・五つあけてる
…というわけで、極端ですな。



病院では「一ヶ月経ったら好きなピアスに替えていいですよ」て言われたけど、一ヶ月じゃ早いよ。とりあえず4月いっぱいはファーストピアスで頑張る。

そして初ピアスの時は知らなかった、ファーストピアスを外して初めて入れる「セカンドピアス」の重要性を知ったので、それももう用意しちゃいました。

普通のピアスはポストの太さが0.6mmとか0.7mmなので、せっかく1mmポストで作ったホールがすぐに縮小してしまいます。
それなりのポスト径の太さと長さ、そしてまだ弱い皮膚のために、ちゃんとした材質で作製した「セカンドピアス」をしばらくつけておくのがオススメ。


たまにお世話になっている軽井沢のBONANZAさんで、セカンドピアスに特化したK22ピアスを作っているので、それをオーダーしました。
オプションでポスト径と長さを選べるので、径1mm、長さ12mmで作ってもらいました。
アレルギーの原因にもなる「ロウ付け」をしていないので、ちょっと無骨な感じが可愛い。
とても綺麗な山吹色です。


IMG_6664.jpg



左から2本はフツーのピアス。
いちばん右はBONANZAさんのK22ピアス。

ポストの太さの違いがはっきりわかりますね。



あー、早くファーストピアス外したいようう。



ピアスクラブコム
↑懐かしさを感じる手作り感満載のサイト(褒めてます)
チタン製のピアスを販売しているので、買ってみようかな…



BONANZAさんのセカンドピアスは↓こちら↓




そして私は↓↓コレ↓↓が欲しいんだな…
このディテールと素材、ヴィクと勇利のエンゲージリングにそっくりじゃないですか、ねえ?






コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ひとりでできるもん!〜タイヤ交換の巻 [お買いもの]

IMG_7265.jpg



冬の初めに冬タイヤ、春の初めに夏タイヤ。

雪国の車は年に2回のタイヤ交換が必要です。たまに通年冬タイヤ履いてる人もいますが、それはただのせっこき(めんどくさがり)です。

今までタイヤ交換はスタンドや車屋さんに持ち込んでやってもらっていました。
春はともかく、冬タイヤへの交換はなかなかタイミングが難しく、うっかり予想外に早い降雪があったりするとみんな一気に車屋さんに駆け込みますから、待ち時間もすごい長いんです。

でも、去年マイカーを軽に替えたこともあり、「自分でできんじゃね?タイヤ軽いし」と思い立ち、チャレンジすることに。

持ち込みでやってもらうにしろ、タイヤの積み込み、待ち時間、費用を考えるとそれほど楽チンではない…自分でできることは何でもやっちゃおう!



車に最初から積んである工具は緊急用なので、使い勝手はよろしくない。あんなので車のジャッキアップなんてできる気がしません。

というわけで安価な油圧ジャッキを購入。
別売りのアダプタは、私のMOCOの場合は絶対必要。
クロスレンチ、車止め、軍手、古タオルを用意し、コンクリートの平地で作業開始です。


Pレンジに入れ、サイドブレーキをかける
 ↓
外したいタイヤの対角線上のタイヤに、車止めをかませる
 ↓
クロスレンチでナットを軽く緩める
 ↓
油圧ジャッキで車を持ち上げる
 ↓
ナットを外す
 ↓
タイヤを交換する
 ↓
逆の手順でナットを締める
 ↓
おしまい。交換が終わったらスタンドでタイヤの空気圧をチェック。


軽のタイヤは軽いので、工具さえ揃っていれば簡単でした。
もっと早く自分でやればよかった。

いちばん苦労したのって、タイヤ交換よりホイールカバー外しかもしれません。
付属工具のジャッキロッド(でっかいドライバーのような棒)を使ってください。

油圧ジャッキは絶対必要!これがなかったら無理ぽ。
他のはどうだかわかりませんが、私が買ったジャッキは下げるときに意識してゆーっくりレバーを回さないといきなり車が落ちてきます。注意してね。



…フツーさあ、タイヤ交換なんて男の仕事だよね…

でも私はタイヤ交換も照明器具の交換もカーテンレールの取り付けも自分でやりたいんです。
こういう女はモテないんです。知ってた。


タイヤ交換の仕方

タイヤ交換の方法~失敗しないための14の手順~




コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「ユーリ!!! on ICE」DVD&Blu-ray4巻とMAPPAカレンダーと世界選手権っ! [ユーリ!!! on ICE]

IMG_7262.jpg



「ユーリ!!! on ICE」Blu-ray&DVD 4巻が発売になりました〜!

こ、今回のジャケットはななんとヴィクリスですっっ…

さすが私たちの想像の遥か上をゆく公式、わかってらっしゃるわかってらっしゃる。ありがとうございます!

このジャケット、作画監督平松禎史さんの描き下ろしなんですが、平松さん曰く「ジャケットについては山本監督から細かい指示があります」とのこと。

ヴィクトルクリスへの細かい指示…気になる…


豪華封入付録はかわいいマスキングテープと、ヴィクトル諏訪部順一様とクリス安元洋貴様のYURI ON RADIO CD!

本編の修正とか差し替えとかたくさんありますよっ。
はあ…7話…




そしてやっとお迎えしたカレンダー。

MAPPA公式、全ページ描き下ろし、山本監督監修の美麗カレンダーは隅々まで楽しめる仕様になっていてこれはもう買うしかないでしょう。
素晴らしスンギル。


IMG_7263.jpg
はうー



指輪だけで泣ける…


これ買うために生まれて初めてアニメイトの階段を登ってしまいました。
まさかこの歳になってアニメイトに行く日がこようとは。
人生いたるところに落とし穴あり!!!




ところでみなさま、29日からのワールドことフィギュア世界選手権はご覧になってましたか?

羽生くん、SP5位からのFS1位、フリー歴代最高得点更新で金メダル。

いやホントすごかったです。
最終グループがアニメと対をはる様相を呈しててやばいやばい。
ワタシ別にフィギュアファンじゃないはずなのに、涙が出てしまいました。

ちょうどDVDの7話を見たばかりなので、「うあーーーーー!!!」て感じ。

でもユーリ観てなかったらきっと日本人選手だけチャラっと観て終わってたと思う。
ユーリのおかげでフィギュアスケートの見方がちょっとだけわかってきたかなって。

このタイミングで「ユーリ!!! on ICE」を放送できたのって奇跡だよ。去年の10月にはこんな点数出てなかったし、4回転だってこんなに跳んでなかった。すごい進化だな。


そしてそして、世界一スケートの上手なユーリクラスタこと現世界女王ロシアのメドベデワ先輩。
安定の首位発進したショートプログラム後のヒーローインタビューで、わざわざユーリの話題を振るインタビュアーと、その動画にユーリタグをつけてTwitterにアップする国際スケート連盟公式アカウント。
これは夢か…?

会話は英語なんだけど、それまですらすらと今日の演技のコメントなど述べていたメドちゃんが、話題がユーリになった途端「ちょっと待って無理無理無理、私の英語じゃこの萌えをうまく言葉にできない!語彙力!」とかgdgdになっちゃうのかわいいよ〜(字幕は無いけど、わかる)

2分の動画なのでクリック!




メドちゃん美しかった…いつか君に「愛について〜エロス」を滑ってほしいという夢、おばちゃんまだ諦めてないよ!





コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「カルテット」 [映画・ドラマ・アニメ]

「Woman」「問題のあるレストラン」の坂元裕二さんが脚本。
主演は松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平。
これはもう観るしかないでしょう。

基本的にテレビドラマはほとんど観ない、観るとしても録画組なんですが、これは録画とはいえ2日遅れくらいで観てました。
いやあ…面白かった…!

名言金言のオンパレードで、もうテレビの前でもんどりうってましたよ。

6話、6話凄かった。


松たか子とその夫役宮藤官九郎、このふたりの結婚→夫の失踪→再会を書く回なんですが、これがもう、痛い、痛すぎる。リアルすぎる。

心が離れていくのに決定的な理由なんかなくて、「映画の見方を知らないんだな」「唐揚げに、当然のようにレモンかけちゃうのか」みたいな、些細なことの積み重ねだっていうのがね。
プレゼントした本が全く読まれていなくて何年たっても同じページに栞が挟んであるのに気づいたとか、散歩がてら新しくできたカフェに行こうと誘ったら「コーヒーならあるよ」と特売コーヒー豆を見せられたとか。
あー痛い痛い。ひとつひとつはね、こんなつまんないことなんだけど…

で、ほんの数分でてくるクドカンの元カノが大森靖子という、このキャスティングとキャラクターが素晴らしい。彼女の飼い猫の名が「ギロチン」てのも、いかにもという感じ。ウマい。



夫婦、家族、親子の関係に「これが正しい」という正解なんてないんだ。



わからない人には全くわからないドラマでしょうが、こういうドラマが面白いと思う自分でよかった。
主題歌もいいですよー。






コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ありがとうanan先生! [ユーリ!!! on ICE]

IMG_7098.jpg



発売中のananをご覧になりましたか奥さん。
なんと男子フィギュア特集ですわよ。

メイン特集「呼吸と体幹。」というテーマに合わせて、表紙は羽生結弦くんのコンプレッションウェア。これいい〜

羽生くんのアンダーアーマーいいよね…!ワタクシ、つい「自転車で使うから」とか言い訳してアンダーアーマーのコンプウェア買っちゃいましたからね、4枚。


そしてそして。

勝生勇利、ヴィクトル・二キフォロフ、ユーリ・プリセツキーの3人が、実在の選手と同じ扱いでそのフィギュア特集にさらっと混ざってるの。


IMG_7099.jpg
うおぉぉ



「次のシーズンに向け、新たな一歩を踏み出した彼らの一瞬を、ロシアのチムビオンスポーツクラブで切り撮った」というキャプション。

つ、次のシーズン。
ロシアのリンク。

これ何気に公式爆弾なのでは…。


Pixivで1,000回くらい見たファンの願望が現実になってる。
あ、いやアニメキャラだから現実じゃないんだけどさ。

でもどこかの次元にYOI世界があって、彼らはそこでスケートを続けているんだと思うとほんとに嬉しいし、本職のスポーツライターさんの「中国杯のフリー、明らかに明らかに重圧を感じている勝生は演技前に二キフォロフとリンクサイドに現れたとき、直前に泣いたかのような表情をしていた」とレポがあったり、本田武史さんがプロ解説してくれるなんて感無量です。

anan編集部には感謝しかない。ありがとうございます。



版権グッズやアニメ誌の表紙にでまくりの彼らだけどほぼリンク外ばっかりだったから、久しぶりにスケートしてる3人が見られて安心したよ。

この描き下ろしがまた美しくて(原画の関みなみさん、この方の絵、大好き)、ああ、コンプレッションウェア、黒グローブ…


勇利とヴィクトルが戦ってるとこ、早く見たいなあ…









コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -