So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「嫁へ行くつもりじゃなかった」岡田育 [本]

IMG_4029.jpg



「ハジの多い腐女子会」というコラムがやたらめったら面白いなあ…と思ったら、以前webで読んでた「嫁へ行くつもりじゃなかった」の岡田育さんの記事でした。さすが。

そういえばあの連載は書籍になっていたと思い出し、今更ですが購入。

「恋愛は大の苦手でも、結婚ならば、まだしもうまくいくんじゃないか」

グッときますね、これ(笑)

結婚したい人もいれば結婚したくない人もいる。恋愛なんかしたことなくたって結婚してもいいし、結婚してなくても子供がいてもいいし、なんならゲイのカップルとレズビアンのカップルが協力して子供を産み育てたっていい。
なにが幸せかなんて、本人にしかわからんよ。

自分が幸せならそれでよし。
はたから「幸せそうに見える」必要なし!


新婚本ですが、男性にも読んでほしい。



男が男に堂々と「美しい」と言っていい「ユーリ!!!」の世界——忘年会編vol.10

ハジの多い腐女子会

↑無料でお試し購読できます。面白いよ!






コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

安比高原 木いちご荘 [路地裏グルメ]

IMG_3628.jpg



12月31日から一泊でお世話になりました。
よく予約取れたな…ただでさえ混む季節、ダメ元でトライしたらギリギリでお部屋取れました!


お食事が評判のペンションなので楽しみにしていました。噂通りの味とボリュームで大満足です。
満室でお客さんいっぱいだったのに、熱いものや汁物も並び美味しかったです。

外観は洋風ですが、泊まったお部屋は驚きの畳部屋(笑)
私はゴロゴロできるので畳のほうが好きです。


自転車で行ける距離なので、季節が良くなったら自転車で泊まりに行きたいな!


安比高原 木いちご荘



コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

iPhone6を痛くしてみた [ユーリ!!! on ICE]

DSC_9106.jpg
どん!



ユーリグッズのスマホケースは各種発売中なのですが、いまひとつピンとこない。
しかも高い。

それなら自分で作れないかと思い立ちました。
インクジェットプリンタで印刷できるステッカー用紙があるので、Photoshopがあれば作れるんじゃないか?

数ヶ月前にプリンタが昇天し、もうプリンタはなくていいよとか思っていたのですが、父の年賀状作りというミッションから逃れられずに、いっちばん安いプリンタ買ったんですよ。
まさかこんなことに使うとは。


IMG_3746 (1).jpg



コンセプトは「痛くない痛くスマホ」。
覚悟が足りないのでアニメ絵は使いません。それ痛スマホじゃないじゃん。軟弱者!

なので、素材はオープニング映像のキャプ画像や円盤封入特典の久保先生のイラストなど。
個人使用で世界に1枚しかない自分のためのステッカーなので公式様も見逃してくださるでショウ(ちなみに著作権の関係で、裏技を使わないと円盤からのスクリーンショットは取れません)。


IMG_3747.jpg



とりあえず作ってみたのはこの2枚。結構うまくできたのではないでしょうか。
左のはフォトショとかのレタッチソフトがないと作れませんが、右くらいならフリーソフトで作れると思います。

3,800円の4色プリンターですが発色良し。全然オッケーです。


ステッカーは白色なので気泡が入っても目立ちませんが、色落ち防止のためにその上に貼る保護シート、これが難しかったです。ズレるよ〜!貼り直し不可なので作り直すハメに…

定価だとそこそこのお値段するステッカー用紙ですが、エレコムわけありショップで在庫品を底値で購入したので、心置きなく作り直しできます。
もうちょっと買っときゃよかったかな…でも機種変したらサイズ合わないしね。


で、背面を見せるために保護ケースはやめてアルミバンパーを装着しました。
滑りやすいので落下注意です。でもカッコいいでしょ?

費用はそんなわけで800円ほどでした。
作るの楽しいし、出来には満足してます。



痛車、痛チャリ、痛板、痛スマホ。

痛アイテムは多々ありますが、ほぼ男性の専売特許。
外部に向けて「俺が!俺の!」とアピールするのはたいてい男性で、女の場合は「わかる人にはわかる」程度におさめることが多いのはなかなか興味深い…腐女子は地下にもぐり森に身を隠すんや…


だ か ら !

公式さんには、小金持ちのお姉さん向けに普段使用に耐えるグッズを出して欲しいのですよ。ヘンにデフォルメされた二頭身キャラのキーホルダーとかクッションとか、全力でいらないっす!

裏地(ここポイント)にユリオンっぽいプリントのブレスサーモのコートとか、どうですかミズノさん。5万アンダーなら買っちゃうよ!
なんならいっそ18Kの幅広リングでもいいっす。それなりの厚みなら15万くらいか?




ちなみに本日は女4人で「ユーリ!!! on ICE」全話一挙上映会を開催しました。in我が家。
楽しかったです…うふふ…











コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Oh! スケトラ!!! オリジナルスケートソングCOLLECTION [ユーリ!!! on ICE]

IMG_3252.jpg



ユリオンの劇中曲コレクション、ついに出ました!

各キャラのSP、FSと「離れずにそばいて」を収録。
いやー素晴らしい。

各名場面が次々と思い出されて、ユーリファンなら涙腺がゆるくなること間違いなしですが、あらゆるジャンルの曲が収録されているのでファンならずとも楽しめます。
ああ、スケート選手のどなたか、この曲とあの振り付けで大会に出てくださらないでしょうか。

クラシックやアリアもありますので、カーステレオで聴くと車内が荘厳になりますよん。



新年一発目のエントリがこれか。知ってた。

まだしばらくユリユリうるさいと思いますが、徐々に落ち着く予定なので生温かく見守ってください…







コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あけました2017 [雑記]

DSC_8528.jpg
今年もよろしくお願いいたします



今年一年、みなさんと、みなさんの猫たちが幸せに過ごせますように。





コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

iOS10.2でiPhone「ミュージック」のシャッフルを解除する [林檎生活]

​カーステレオがUSB対応になり、もう車にCDを持ち込むこともなくなった今日この頃。

私もiPhoneにあれこれ音楽を入れて流してました。

ところで先日「ユーリ!!! on ICE」の楽曲CDが発売されました。
集中して聴きたかったので他のアルバムを一旦削除し、このアルバム1枚だけ入れているのですが、トラック番号順に再生したいのにシャッフルが解除できない。

iOS新しくしたら以前あったはずの「シャッフル」「リピート」ボタンが見当たらないよ??
MacのiTunesはトラック順に流れるのに、iPhoneはシャッフルになっちゃう。

これはあかん。アリアの次にJJのテーマが流れるようではあかん。

同期の設定の問題なのかとMacのiTunesあれこれいじってみましたが解決せず。Google先生に聞きまくってようやく解決。4日かかった。


IMG_3447.jpg



再生中の画面、下にあるミニプレーヤーを「上にスワイプ」(ここがわからんかった)すると…


IMG_3448.jpg



こんなメニューになるので、さらに上にスワイプ。


IMG_3449.jpg



出ました、

ここに!「シャッフル」「リピート」の設定が!!

「これかあー!」と声が出ちゃいましたよ。わからんちゅーの!こういうボタンはスワイプしなくても目につくところに配置してください!



割と悩んでいる人が多かったのであげておきます。
でもOS変わるとまたわかんなくなっちゃうんだよねえ…


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「ユーリ!!! on ICE」〜完結しない物語ほど、魅力的な物語はない [ユーリ!!! on ICE]




ネタバレなので未視聴の方はすっ飛ばしてください。

「ユーリ!!! on ICE」の最終回を迎えて、まとまらない考えでgdgd書いてます。








この3ヶ月の記憶がない。
朝から晩までユリオンの事ばかり考えていたので、完全に挙動不審人物だった。

あああ、ほんと、この歳でここまで夢中になれるアニメに出会えるなんて思わなかった。スパシーボそしてスパシーボ。


テレビアニメで男子フィギュア。この高すぎるハードルに挑んだ山本監督と久保先生のお話を聞きたい…!
CUTあたりで2万字インタビューはよ。



「僕の名前は勝生勇利。どこにでもいる日本のフィギュア選手で24歳」

1話から繰り返し、勇利は自分を「どこにでもいる」というけど、12話においてそれは卑下やネガティブ思考ではなくて、むしろ自己肯定だと思う。
なんだろ、フィギュアが「特別な」「選ばれた人の」「雲の上のスポーツ」ではなく、もっともっと身近なものであるべきというような感じかな。

そして国際大会に出るような選手であっても、みんな同じように泣いたり笑ったり、苦しいことも悲しいことも一歩一歩乗り越えてこの場所に立っているんだと、そういう意味。



「ユーリ!!! on ICE」の構成のうまさに唸ってます。
1クール12回にあのストーリー、あらゆるところに伏線が張られ、見事にそれを回収していく。
無駄なところが何一つない。

特に7話と12話はすごかった。
12話なんて、全員のフリーと、勇利とヴィクの今後と、ユーリのこれからと、物語のシメ、エキシビジョン、そしてそしてランビエール先生のゲスト出演…いやこれ24分に収まらないでしょ?どうすんの!?とか心配してた私ですが余計なお世話でした。失礼しました。



「音楽」がこのアニメにおいてはとても重要。

各キャラの競技曲というだけでなく、演技してる以外のキャラの心理状態を表す役目をしてるけど、これが!これがもうほんっっとーに素晴らしくて、ループするたびに「ぐはああっ」と悶えてます。

7話、ポポさんのフリー曲をBGMにリンクに向かう勇利とヴィクトルのシーン、12話、オタベックのフリー曲とモノローグ(歌詞の和訳)に「勇利の引退」に対するユーリの怒りがわき上がってくるシーンが最高。


今こそお前の舞台に駆け上がる時だ
全世界がお前を待っている

お前が何を望んでいたか忘れるな
今こそ出発する時だ
(ヴィクにハグされるユーリの横顔にこのセリフがかかるのががが…!)

お前の夢を満たせ
お前だけがそれを実現できるのだ

生きろ お前の生を
踊れ お前の夢を
歌え 歌え お前自身の歌を

やり尽くせ 遊び尽くせ
見つけ出せ お前の道を
そしてその上を行け

始まりの時は今だ
自分を生き抜け

始まりの時は今だ
お前のための時間だ
(ここで滑走直前のユーリがリンクを見つめる横顔。美しい〜)


ユーリのフリー曲がアップテンポなピアノ協奏曲なのはこの最後の展開のためだったのか。

「ヴィクトルの点を超えられたら他はどうでもいいのか?」
「ふざけんな!俺をがっかりさせんな!」
「豚に食わせる金メダルはねえっ!!」


ユーリのフリーの衣装は「不死鳥」をイメージしている。
リリアの「何度でも生き返る人間が強いのです」、そしてユーリの「ヴィクトル・ニキフォルフは死んだ」というセリフがここにもつながる。



主人公である勇利の演技が最終話中盤に終了してしまうという構成も何気にすごい。
ロシア大会までいまひとつ影の薄かったユーリ・プリセツキーが最後の最後で主役になり、「ふたりのユーリ」というタイトルも回収してしまった。

こんなふうにいろんなシーンがリンクしてるんだよね。
2話の「体脂肪落とさないとコーチする気になれないな」と、12話の「金メダルじゃないとキスする気になれないな」のヴィクトルは同じ顔をしてる。
勇利とユーリが演技中にお互いを「バーカ!」「バーカ!」と言ってるのも楽しい。



最終話ではどうにかヴィクトルの泣き顔と怒り顔を見られないかと思っていたので、どっちも見られて本望です。スパシーボスパシーボ。

てか、目の前で泣いてる27歳男の前髪上げて顔を確認する勝生勇利どんだけSなの

やるかそれを!?

コミュ障こじらせ男子、勝生勇利は最後まで勝生勇利だった。

ヴィクトルもっと怒っていいから!



まあそんなわけで12話でヴィクトルがやったあれこれって完全に狙ってるよね!

出番直前のユーリにわざわざ「自分の復帰」「勇利引退」を匂わせ、それによってユーリは勇利への怒りから「今引退したら一生後悔させてやる!」という素晴らしい演技を見せ、それが結果的に「まだ終わらせたくない」と勇利が続行を決めるきっかけになるわけだから。

ヴィクトルは最初からユーリが勇利を好きなことを知ってたし、「続行か引退かは勇利自身が決めること」と言いつつ引退させる気なんかハナからないっていうね。
大会終了した時点で勇利は「引退を撤回」なんて言ってないのに、銀メダルを差し出されたヴィクトルは完全に「賭けに勝った」顔をしてる。
バックヤードからどんな顔して勇利を見ていたんだろ。

二人のユーリがヴィクトルを取り合う話かと思ったら、ヴィクトルとユーリが勇利を取り合う話だった。それに気づいて1話から見直すと全然違う話に見えてくるからおそロシア。


結局ヴィクトルは、選手としての自分のモチベーションとコーチとしての実績と国の期待を背負う後継者と勇利と、すべてを手に入れたってことでOK?
あー、大人ってずるいね!


ヴィクトルも勇利も、何も手放さずに、それどころか今まで以上のものを手に入れてこの先を生きていくなんて、こんな大団円が今まであっただろうか。




相変わらず「なんで男同士でイチャイチャしてんだよ」という批判する人もいるけど、いやいやでもこのアニメからそれなくしたら、物語が成り立たない。


スポーツものと恋愛ものって、今までは「選手とマネージャー」とか、はたまたエースをねらえ(まあこれは恋愛とは違うか)みたいに「引退した元選手のコーチと選手」じゃないですか。
勇利にとってヴィクトルは「神様のような」存在だけど、同じGPFで競ったライバルでもある。この関係なら同性じゃないと物語が始まらない。そして、ヴィクトルは現役の選手でなければならない。

ふたりともが選手で、同性で、成人男性であること。だから師弟でありながら同時にライバルであり、そこに恋愛要素が絡まる、こういうスポーツものって今まであった…?
不勉強なんで私が知らないだけ?


とはいえ、ヴィクと勇利がデキてることに異論はありませんがそれが「恋愛」なのかというと…どうなんだろう。
性愛というより家族愛めいてはいる。でも名前なんてどうでもいい。
だいたいそういう感情に名前をつけてカテゴライズする必要はないし、それは常にいろんな形に変化していくものなんだからそのカテゴリには意味がない。


なんだかよくわからないから、それを「愛」と呼ぶことにしました。


ふたりが幸せならそれでいいじゃん?


そういった意味でも「ユーリ!!! on ICE」は意欲作であり冒険作です。
「腐女子に媚びやがって」みたいな批判はまったく方向違いと申し上げておきましょう。
ウケを狙うなら適当に素材を配置して、あとは放置しておけば済むこと。それをリスク承知で、地上波のテレビアニメであそこまで描いたのってすごいよ。
新しい時代が来たんだって思ったわ。


「あ、カモメだ」
「ウミネコです」
「カモメを見るとサンクトペレルブルグを思い出すよ」

この「聞いちゃいねえ」ふたりの未来に幸あれ。



エキシの二人は美しかった。作画が神だった。

ヴィクトルが勇利をリフトするシーンの「ふわっ」とした空気感、女性パートがくるくる入れ替わる構成、フクースナフクースナ。

11話の感想で「ヴィクがボロ泣きするか、ヴィクに勇利をお姫様抱っこくらいしてもらわないと気が済まない」とか書いてた私でしたが、どっちも叶ったってことですね。


勇利に頬を撫でられるヴィクトルが本当に幸せそうな顔をしていて、何度見ても涙腺が緩む。
いくつもの金メダルと引き換えにLOVEとLIFEを手放した彼の心が、これから満たされますように。





そろそろDVDやBlu-rayも発売になり、お布施として当然全巻購入なわけですが、振り付けの実写映像とか入るそうなので楽しみすぎます。

どこの出版社でもいいから、設定資料とロングインタビュー集を出してくださいー。
小出しのアニメ雑誌を買うのにも限界がある…


まだしばらくユーリロスになる暇もなさそうなので、また思いついたことを書き込むかもしれません…

今までのエントリはこちら


フィギュアスケートのアニメ 現実と張り合う人気の裏側
プロデューサーを務めるMAPPA代表 大塚学氏のインタビュー。面白いです!

「ユーリ!!! on ICE」が見られるサイト
テレ朝動画 第一滑走のみ無料
アマゾンビデオ プライム会員なら無料
AbemaTV 年末一挙放送やります










コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Fire TV Stick [お買いもの]

IMG_3370.jpg



アマゾンプライムに申し込んだので、ついでにFire TV Stickを購入。

これがあればアマゾンビデオやAbemaTV、ニコニコ動画、you tubeなどをテレビで見られるのです。
プライム会員はアカウント情報がインストールされた状態で届くので、テレビに挿してWi-Fiのパスワード入れれば即使えます。

音声入力対応リモコンも追加購入できますが、専用アプリでiPhoneがリモコンになるので検索はiPhoneからやれば日本語入力が楽チン。


レビューでは「熱暴走してすぐ落ちる」とかいう書き込みが多いので、しばらく使ってます。



新しい映画も300円程度で観られるし、無料コンテンツもあるし(てか、そもそも「ユーリ!!! on ICE」の無料配信目当てでプライムに加入したんだよ…)、返しに行かなくていいレンタルって楽でいいです…!
Tカード嫌いなのでTSUTAYA会員になりたくないんだよう。


あ、ちなみにこれはテレビっ子な旦那への誕生日(まだ先だけど)プレゼントです。
私はとりあえずユーリとまどマギと落語心中あたりが観られればいいや〜。



それにしても、ユーリがきっかけで今どきの配信事情とかインターネットテレビとか、いろいろ新しい発見がありました。
地上波の放送がない地域でも観る方法っていろいろあるんですねえ。






コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「ユーリ!!! on ICE」最終滑走〜僕らは愛と呼ぶ、氷の上のすべてを [ユーリ!!! on ICE]

2016-12-22.jpg



​世界中の腐女子とスケオタとアニオタを熱狂させた「ユーリ!!! on ICE」がついに最終滑走です。

今回だけはどうしてもリアタイしたくて、コイン握り締めて(比喩)午前2時半にMac起動しましたよ。
テレ朝動画にて、ほぼ地上波と同時刻に視聴することができました。


GPFの結果についてここには書きません。
ぜひ、ぜーひー、本編ご覧になってください。
年末にAbemaTVで一挙放送やりますよ!




最終滑走、素晴らしかった。

この時間に収まるのか?と不安だったのですが、きれいにまとまっていてさらにサービスもたっぷり詰め込んでくれました。
言いたい事はたくさんありますが、少し落ち着いてからまた書きたいと思います。

この3カ月間、本当に楽しかったです。毎週泣いたり笑ったり胃が痛くなったり。

最終滑走を前に1話を見直していたら冒頭のシーンで涙腺が崩壊してしまい、私にもまだこれだけの感受性が残っていたのか!と驚きました。
このアニメで寿命が3年縮んだような気がしますが、確実に30歳若返ったので無問題。


山本監督、久保先生、スタッフとキャストの皆様方、素晴らしい作品をありがとうございました。



勇利、ユーリ、ヴィクトル、すべてのスケートを愛する人のこれからが、美しく輝かしいものでありますように。







大みそかだよ!ユーリ!!! on ICE 全話一挙放送




コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 [映画・ドラマ・アニメ]

IMG_2992.jpg




観たのは吹き替え版だったんですが、主人公が宮野真守さんだった。狙ったわけじゃありません!

ハリーポッター、読んでないし観ていないので、細かい設定や用語がわからないんですが無問題。
CG観ているだけで楽しい…というか、そこしか観るところがないのか。

自分のミスで人間の町が破壊されているというのに「大丈夫!」とかヘラヘラしてる主人公にイラっときたり、こんだけ町中めちゃくちゃになって死人が出ないわけないだろ!と突っ込んだり、魔法で破壊された町がもとに戻せるなら死んだ人間も生き返るのか?それって倫理的にどうなの?とか考えてはいけないのです。

震災が頻発してるから、こういう娯楽映画を素直に楽しめなくなってしまいました。
うーん。

その点「シン・ゴジラ」は良かった…






コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -